スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャンプを終えて

2014年冬「焚き焚きキャンプ」が無事に終わりました。
37名の参加者が病気も怪我もなく、楽しく過ごしていってくれました。
帰りのバスが終点の福島駅に到着したという添乗員さんからの知らせには、いつも心から安心します。

今回のキャンプは5日間素晴らしい天気に恵まれ、ぽかぽか陽気の中子ども達が気持ちの良い河原でたくさん遊べました。泥んこおままごと、芋煮会での薪の焚きつけ、焼き芋にホイルをみなで巻きつけたり、パン生地を棒の先に巻きつけて炭火で焼く「棒パン」。

クリスマスイブにはクリスマスリースやドリームキャッチャー作り。
母ちゃんずが数ヶ月間こつこつ拾い集めてきた木の実、つるでつくっておいたリース、庭で育てたハーブ、つちのこくらぶの母ちゃん達が作ってくれた、たくさんのリボンの飾り付けを用意しました。
部屋いっぱいにハーブの香りが漂い、子どもたち、母たちがとても楽しく手作りできました。

少年たちは施設内外を走り回り、女子達はお部屋でにぎやかにお化け屋敷を作り、招待された母ちゃんずたちを楽しくおどかしてくれました。ボランティアさんたちと用意した野菜たっぷりの食事も、毎食みんながっつりと食べ、お米もどんどん、どんどん、気持ち良い位に減っていきました。

相模原市からのクリスマスプレゼントは、相模原市のヒーロー「サガミリオン」と「タガメラー」の出現!ホールで行ったクリスマス会で、戦いのショーを繰り広げてくれました。
一時はタガメラーにやっつけられそうになったサガミリオンは、ちびっこ達の心からの声援により復活し、最後はタガメラーを倒し、「諦めない強い心」を教えてくれました。それから子どもたちにクリスマスプレゼントを配ってくれました。


楽しい楽しいクリスマスでしたが、クリスマスでも自宅から、父親もしくは夫から遠く離れた場所で過ごさなければならない福島の人たちの現実は、3年前とちっとも変わっていません。
保養に出ることに疲れてやめてしまった人。今でもがんばって機会があれば参加している人。
震災後に子どもを産み、心配で参加するようになった若いお母さんたち。
母ちゃんずのキャンプが終わってほっとしている我々スタッフをよそに、翌日からまた別の保養に出かけた、赤ちゃん連れのお母さん。

みんなこの年の瀬に何を思っているのでしょう。

大きなものは望まないから、一日も早く安らぎと、家族と一緒に自分の家で安心して過ごせる日々をどうかみんなに返して欲しいと、心から思います。

全国の保養プログラムも次第に減り、母ちゃんずのように無料で参加できるプログラムはあまりないそうです。私たちはこれからも支援者の方々の応援をお借りしながらがんばって続けていこう、改めてそう思いました。


私たち母ちゃんずの活動も、皆様のお陰様で3年を終える事ができました。
いろいろな事を考えさせられました。大変なことも苦しいこともありました。
少し迷った時もありました。
でも3年経って分かった事は、母ちゃんずのサブタイトル~こどもたちの未来を守りたい~、この一言が全てだという事です。
福島のお母さんたちは、胸のうちの全てをさらけ出すにはまだまだ時間が必要でしょう。
震災を経験してない私たちが、全てを理解することも難しいのかもしれません。
それがとてももどかしいです。でも、笑って元気に過ごし、もりもりごはんを食べて子どもたちが笑い、走り回れる空間を作ること、それが母ちゃんずの役割の全てだと思いました。
小さな子どもがいるからボランティアとして参加できないお母さんたちだって、自分の子どもを連れて福島の子どもと遊ばせる、同じ空間で過ごさせるだけでも、立派な仕事なんだと思いました。
この思い出ひとつひとつが子どもたちを育て、大きくなった時に意味を理解し、社会で生かす事に繋がると思うからです。ただシンプルに一緒に過ごす事が、日本の未来を作るために大きな意味を持つのだと思うのです。

3年前に初めてボランティアで参加してくれた大学生の空手道場のお兄ちゃん。最近は忙しくしばらく会えませんでした。でも今回「一日時間が空いたから、どうしても来たかったんす」と懐かしい姿を見せ、力強く手伝ってくれました。
この道場の大きい兄ちゃんたちは自分たちのアイデアをどんどん出し、今回のクリスマス会では大活躍してくれました。
母ちゃんずをとりまく兄ちゃんず、姉ちゃんず、がっきーずのみんな、これからもよろしく頼むよ!


広い施設を無料で利用させて下さいました相模原市、若あゆの皆様、心から御礼申し上げます。
いつも勇気付け、応援して下さる相模原市長、副市長、本当にありがとうございました。
参加者が部屋をゆったりと使え、病気もせずに元気に過ごせたのは皆様のお陰様です。
本当に、本当にありがとうございました。
今回食事をケータリングさせて頂いたお弁当屋さん。放射能測定済の安心食材で、おふくろの味をたっぷりと楽しませて下さいました。
他に野菜、果物、おやつやお米を下さった皆々様方、支援金を下さった皆々様方、ボランティアで支えて下さった皆々様方に対し、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

2015年。母ちゃんずの4年目です。これからも元気に、「気持ちは」いつまでも若く、あきらめず、がんばります!これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
そしてこの3年間、本当に本当にありがとうございました!



母ちゃんず
代表 竹内亜紀






スポンサーサイト
[ 2014/12/29 21:23 ] 2014冬 焚き焚きキャンプ | TB(-) | CM(2)

サガミリオンさまへ

~こどもたちの未来を守りたい~泣いた!
[ 2015/03/05 21:16 ] [ 編集 ]

応援

スタッフのみなさん、ボランティアのみなさんへ
草葉の陰から応援しております。
夏は木陰から応援いたします。
[ 2015/04/04 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。