スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャンプを終えて

「冬休みほくほくキャンプ」が無事に終わりました。
昨日福島のみんなを送り出してから一日経ち、いろんな思いを噛みしめています。

原発事故が起きてから確実に、現状が悪くなり続けている事を感じています。
私達のかわいい福島の子ども達に、異変が起きています。そして私達母ちゃんずの子ども達にも起きています。

キャンプ三日目に、放射能汚染の怖さを伝えるドキュメンタリー映画を撮り続けている鎌仲ひとみ監督をお呼びして、「内部被曝を生き抜く」の上映会を開催しました。福島の参加者はもちろんのこと、新聞などで公募した際に申し込んで下さった方々合わせて80名程が、映画を見て、そして鎌仲監督のお話を聞きました。

鎌仲監督のお話は本当に厳しいものでした。福島の放射能汚染のすさまじさ、それだけでなく、関東地方もものすごく汚染されていること。チェルノブイリ原発から300キロ離れた場所でさえ、当時3歳で現在29歳になった女性に体の異変が起きている事を聞きました。相模原は福島原発から250キロです。
鎌仲監督は、ベラルーシの子ども達には体、足の裏などが痛くなったり、だるかったり、発熱、鼻血、下痢などが現れたと言われました。それを聞き、心当たりがあるお母さん達がたくさんいました。そしてそれは相模原のお母さん達にもありました。

鎌仲監督はもしかしたら、福島のお母さん達が目の前で聞いている事を忘れて話しているのかしら?そんな不安な気持ちになる位、厳しい内容の話でした。映画や監督の話を聞いた福島のお母さん達は、物も言えない位ショックを受けていました。講演会の後、福島のお母さん達と監督で交流会を行いましたが、私達は一体どうしたらいいのでしょうと、眠りこける我が子を胸に抱きながらすがるように監督に問いかける母ちゃんたちの姿を見るのが、本当につらかったです。

「でもね、できることはあるのよ」と監督は言います。
玄米、酵素たっぷりの新鮮な生野菜を食べなさい。味噌や漬け物などの日本の発酵食品を食べなさい。白砂糖はやめなさい。そして、あなたたちはこうして保養に来ているじゃないの。それだけで何もやらないのとは全く違うのよ。
連続して24日、できなくても累積で40日県外へ保養に出ると、体内にたまったセシウムを排出できるのよ。

監督のこの言葉は、本当に救いでした。母ちゃん達は厳しい話だったけれど、現実を知れて本当に良かったと、みんなが言っていました。福島では本当の事を誰も教えてくれない。本当の事を聞くのはとても苦しいけれど、どうすればいいいのか対策が打てる。監督は、福島のお母さんはきっと話し足りないだろうと、真夜中までお母さん達の話を聞いて下さいました。

キャンプ5日目の夜、相模原市にある、「さがみ生協病院」の女性医師である牛山先生が、仕事を終えてから来て下さいました。福島のお母さん達の事が心配で駆けつけて下さったのです。「鎌仲さんの話を聞いたのでしょう。心配で来たよ」と。子ども達が寝静まった夜、とつとつと子ども達の異変を訴えるお母さん達に、医師としてのアドバイスを下さいました。お母さん達はこれから何をすれば良いか、どんな検診を受ければ良いか分かり、厳しいながらも先が見えた事でしょう。「みんなの不安が少しでも解消できたなら良かった」と、牛山先生は寒い真夜中に、帰って行かれました。

最終日に迎えのバスが来てみんなを見送るのは、今回も本当につらかったです。

それでもとても嬉しい事がありました。何人かのお母さん達が、自分達も助けてもらうばかりではなくて、自分たちでも何かをやろう、と立ち上がってくれたのです。何をやればいいのか分からないけど、とにかく何かをやろうと。
母ちゃんずと一緒に何かをやろう。つながろう。声をあげよう。そしてその声を、報告書に載せよう。鎌仲監督の映画の上映会を福島でやろう。保養キャンプの写真展を福島でやろう。
原発事故が起こり、心と体の芯まで打ちのめされた母ちゃんたちにとり、この言葉が出るまでの道のりはどんなに険しかったでしょうか。それでも立ち向かおうとする彼女たちを、私達は本当に尊敬しています。


母ちゃんずが初めて保養キャンプを始めてから、当初の目標だった「とりあえず2年間続けよう」を、「とりあえずは」達成できました。でも、まだまだ私達の活動が必要とされているのが分かったので、がんばって続けます。そして今後は長期の保養受け入れができないか、出来る限りがんばりたいと思います。

今まで支えて下さった全てのボランティアさん、支援金や食材を惜しみなく提供して下さった全ての方々に、心から御礼を申し上げます。みなさんの優しさは、参加してくれたみんなの心の支えになっています。それから、施設「若あゆ」の職員の方々に御礼を申し上げます。本来この施設は、小中学生などの学校単位の宿泊に利用されます。それを今回、保養キャンプ用に使わせて下さいました。時には子ども達が元気すぎてはらはらする事もあったでしょう。それでも職員の方々が本当に根気強く、寛大に、暖かく見守って下さったので、子ども達は実にのびのびと過ごす事ができました。
相模原市緑区のゆるキャラ「ミウルくん」、相模原のスーパーヒーロー「サガミリオン」が、子ども達を歓迎してくれました。相模原市の市長、副市長も、私達の活動を応援して下さっています。そして、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

日本の子ども達が健やかに、自分の夢を実現できる未来を作るために、一緒にがんばりましょう!母ちゃんずも、これからも腕まくりしてがんばります!

母ちゃんず
代表
竹内亜紀
スポンサーサイト
[ 2013/12/27 20:10 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ6日目

今日で、しばしのお別れ
あっという間の6日間でした。

慌ただしく荷物を詰めたり、部屋の片付けしたり、忘れ物ないかチェックしている間に、刻々と出発時間が近づいてきました。
今回は、バス一台で3箇所経由するため、いつもより1時間早めの出発なので、遊ぶ時間もなく・・・。

退村式が行われ、お別れにミウルくんも駆けつけてくれました。
ミウルくん、こどもたちの心を鷲掴み!ミウルくんのそばにたくさんのこどもたちが引き寄せられています。
『ミウルくん大好き~!』って
20131226_095238.jpg
DSC05201 (640x412)

最後に福島の皆さんから、若あゆへ感謝のメッセージボードが送られました。若あゆの廊下に、飾っていただけるとのことで、次回泊まることになった折には、ぜひご覧ください
20131226_094950.jpg20131226_095344.jpg

とうとうお別れの時間です
DSC05210 (640x428) DSC05221 (640x428) DSC05211 (428x640)DSC05219 (428x640)
スタッフと参加者、参加者同士、別れを惜しむ。再会を願いつつ

DSC05209 (428x640)
いつも、搬入、搬出時のみならず、保育にも関わってくださる空手家【心温塾】の皆様。
Aさんの大ファンだというこの姉妹。写真をお願いしたら、二人同時に抱き上げてくださいました。いい笑顔

DSC05252 (640x428)
「また来いよな~!」そう言いながら、バスを追いかけるスタッフの子ども達。


20131226_114301.jpg子ども達のために、たくさんのクリスマスカードを作ってくれた造形大の学生たち

20131226_101800.jpg
バスを見送ったあと、円陣組み、代表がボランティアさんに向けて挨拶します。
回数を重ねるたびに、リピーターの参加者が増える毎に、参加者同士、スタッフと参加者、スタッフとボランティア、参加者とボランティア、参加者とスタッフ&ボランティアのこどもたち、そして市内近郊にある保養団体(福八・しのばらんど・はちみつ会)が、繋がっていく。
繋がりの輪が大きくなるほど、支援の輪が広がっているように思います。

皆様の御蔭で、この活動が成り立っております。皆様なしでは、この活動の存続ができなくなっています。
本当にありがとうございました。

回を重ねるたびに、たくさんの思いが溢れます。
明日以降、代表より、「キャンプを終えて」を掲載します。ご一読ください。


[ 2013/12/27 02:24 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ5日目

今日は、とってもいいお天気~

午前中は、プラザで、色々な遊びを展開しました。
DSC05072 (640x428)

・ダンボールケーキDSC05104 (477x640)


DSC05074 (640x428)だまし絵

・空気砲DSC05081 (428x640)DSC05079 (427x640)

DSC05122 (640x428)・エコー電話
・輪投げDSC05149 (428x640)
DSC05139 (428x640)


・竹馬
なぜか、一番盛り上がっていた竹馬
老若男女、乗れない人多数・・・でも!
*みんなでチャレンジする楽しさ
*できたことの喜びを共有しあう嬉しさ
*それを観て、チャレンジする勇気が湧いて、チャレンジの輪が広がった。

DSC05095 (640x428)壁に向かって立つことで、竹馬に乗るバランス感覚を養います。
DSC05101 (428x640)さぁチャレンジ
DSC05115 (428x640)15分も続けていると、ほら!
DSC05118 (428x640)こちらも!
DSC05128 (428x640)あっ!あぶない!練習し過ぎもいけませんと子どもたちから指導が入ります(笑)


11:40~フルートとマリンバによるクリスマスコンサート
DSC05068 (640x428)
DSC05154 (640x428)
DSC05174 (640x428)マリンバ体験させてもらったよ!

午後は、棒パン
DSC05180 (640x428)早く焼けないかな~
DSC05188 (428x640)ハフハフあっち~
DSC05190 (478x640)縁側で茶でもすすりながら食べるかのように、焼き場から離れてパンを頬張るHくん


冬は、日が陰って、寒くなるのが早い河原。
明日は、最終日
[ 2013/12/25 23:08 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ4日目

今日は、スタッフの相模原チームの子どもたちが終業式のため、スタッフほぼ不在。
午前中は、福島のお母さんたち自ら保育。
どんな風に過ごしたのでしょうか?
報告まってま~す!


午後は、クリスマスケーキをみんなで作る予定でしたが、カフェコレットさんより、プリエ製の
IMG_0751.jpg

可愛らしい素敵なお菓子の家が、届けられました。いつもありがとうございます。


それを、今日は、相模原のスーパーヒーロー【サガミリオン】と悪者のようで
悪者ではない【タガメラー】が
IMG_0752.jpg
運んできてくれました!

IMG_0738.jpg
ここはサンタさんの登場でしょー、思ったら大間違い。
かわいいお菓子の家にもびっくり、ヒーローにもびっくり。楽しかったねー。

IMG_0754.jpg
それぞれのテーブルごとに仲良く分けていただきました。

IMG_0757.jpg
シナモンの効いたクリスマスクッキーでしたね。ごちそうさまでした!
[ 2013/12/24 23:48 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ3日目

今日の午前中は、施設の畑で、野菜の収穫体験
DSC04907 (640x428)
DSC04910 (640x428)

大根・聖護院大根・キャベツを収穫しました。
みんな、自分の背丈ほどもある大きな大根を一生懸命抜いていました。
DSC04918 (428x640)DSC04932 (428x640)DSC04935 (427x640)DSC04944 (428x640)


収穫したものを、みんなで協力して施設まで運びました。
DSC04964 (640x428)DSC04965 (484x640)

こんなにたくさん!
DSC04978 (640x428)
収穫した大根は、明日、お味噌汁になるそうですよ!
残りは、福島の皆さんにお持ち帰りしていただきます。


今日は、思いの外寒かったので、ホールでの自由遊び
バドミントン・サッカー・卓球・工作・キャタピラ・・・
DSC05020 (640x428)
DSC05001 (640x428)
DSC04986 (640x428)
DSC04999 (640x428)

私は、バドミントンを子どもたちとしました。
昔撮った杵柄は、身体に染み込んでいるものですね。体力は、かなり衰えていますが・・・
とっても楽しかった~!いい汗かきました~!

本日お昼は、定番差し入れの萬金餃子
いつもありがとうございます~♬
DSC04993 (428x640)DSC04994 (640x428)


午後は、第二のメインイベント!
鎌仲ひとみ監督の『内部被ばくを生き抜く』上映会&講演会
鎌仲監督講演会

貴重なお話をたくさんいただけたようで、厳しい福島の現状に、福島の参加者のみならず、映画・講演会に参加された方々も、興奮し、ショックを受けながらも、何かしなければと自分のスイッチが入ったような熱い表情をされていたそうです。
こちらの模様が、神奈川新聞にも掲載されましたので、御覧ください

スタッフの半分は、保育に回っていたため、一緒に共有出来ず、残念でした。
今回ご都合悪く、これなかった方々も、1/7にも、近隣であるそうです。詳しくはこちら


保育中の子どもたちは、思う存分遊んでいました。
15:00~は、施設の方が、「ディスクゴルフ」なるものを企画してくださいました。
ディスクゴルフとは?、ディスクを傘が逆さになったポストに投げ込むゲームで、これをゴルフコースに見立てて競技するものです。
DSC05023 (640x428)
DSC05039 (640x428)

実にシンプルな遊びですが、施設内にいろいろな工夫でコースを作ってあり、なかなか楽しい物でした。
ちびっこたちは、ルールわからないので、自由にディスク投げてもらっていたら・・・
かなり面白い構図が取れました]

カシ4部作カシ4部作カシ4部作

かわいすぎです


講演会終了後、鎌仲監督は、福島のお母さんたちと夕食まで交流会。

DSC05064 (640x428)DSC05065 (640x428)


鎌仲監督は、夕食後も残って下さり、よる11:30まで、福島のお母さんたちとたっぷり、談義してくださったそうです。
ありがとうございました。
[ 2013/12/23 23:12 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ2日目

冬休みほくほくキャンプ二日目
今日も、気持ちの良い青空が広がり、いい天気

さて、本日午前中は、今回のイベントのメインイベントに近い「夢コラ」がありました。
この企画は、春からずっとずっと温めていた企画でした。
みんなで真剣に馬鹿やって、ガハガハ笑王というこの企画・・・
簡単に言ってしまえば、ミニ運動会のようなものですね。
プログラムはこんな感じ。DSC04352_R.jpg

『若林(じゃくりん)』『熟林(じゅくりん)』2チームにチーム分けし、ゲーム開始
DSC04363_R.jpgまずは入場行進

『若林リーダー【メイド】』『熟林リーダー【ヤンキー】』による選手宣誓DSC04375_R.jpg

DSC04385 (2)_R準備体操、
これがまた、楽しいダンスみたいな準備体操でクニャリクニャリ子どもたちもご覧のとおり!

競技開始!まずはかけっこ!@ようちえん以下DSC04392_R.jpg
おとなぐるぐるかけっこ
DSC04407 (640x428)まわって
DSC04408 (640x428)よろけて
DSC04411 (640x428)尻もち
DSC04412 (640x428)華麗に走る人も

綱引きDSC04437 (640x428)DSC04455 (640x428)

オトナ綱引きDSC04462 (640x428)
DSC04473 (428x640)DSC04474 (428x640)熟林大人は、一度負けでリベンジは気合が違う!全員素足で挑みました!

ハイジならぬハイ爺による、アルプスの庭でDSC04489 (800x536)
DSC04495 (640x428)DSC04509 (640x428)
DSC04540 (640x428)数えるときに見方キッズに投げつけるハイ爺


絆ジャパンDSC04552 (640x428)
首からウエストへ洋服の中から紐を通して、絆をつなげるの。

DSC04560 (640x419)人間キャタピラ

風林火山DSC04617 (640x468)DSC04625 (640x428)
DSC04656 (463x640)オトナも本気で!

DSC04664 (428x640)パン食い競争
手を使うのは反則だぞぉDSC04674 (640x428)

DSC04684 (428x640)

DSC04687 (640x432)あれ?パンツに変わってる?
DSC04696 (428x640)DSC04706 (428x640)こどもの手を引きつつ

老若男女混合リレー!
DSC04734 (640x428)DSC04746 (640x428)DSC04755 (429x640)やっぱり若さにはかなわない?

さて、優勝は?DSC04759 (640x428)


優勝は若林!DSC04768 (431x640)DSC04774 (640x433)
MVPDSC04789 (640x428)DSC04786 (640x428)


ディスコタイム!ミラーボール回して(写真忘れ!)DSC04826 (640x428)

早く終わったので、お昼まで自由遊びDSC04857 (428x640)


お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、こどもも入り乱れて、真剣にゲームに取り組んでいました。
ガハガハ笑い、テンションマックス!

あんなに笑ったのは久しぶり。


午後は、バスでプールに行く方と河原の方へ遊びに行く方々に分かれて遊びました。
河原の広場では、ブランコとハンモック(写真忘れ)とおままごと
DSC04866 (428x640)DSC04870 (428x640)




DSC04875 (640x428)松葉を集めて、焼き芋!
DSC04882 (640x428)
丸い円に石垣作り、一番下松葉を敷き詰め、その上に、ホイルや、新聞にくるんだ芋を円形に並べ、更にその上に松葉をかぶせて、着火↓
DSC04885 (640x428)DSC04892 (640x428)
DSC04888 (640x428)いしやきいもにするのかな?
DSC04893 (640x428)美味しく焼けました!
[ 2013/12/22 19:20 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

冬休みほくほくキャンプ1日目

とうとう始まりました~!

今回は、初めての試みばかりのほくほくキャンプに、どきどきや不安をかき消し、思う存分楽しもう!を合言葉に準備を重ねてきました。

さて、まずは、みんなで荷物を運び込み
そして、女子とちびっ子は、クリスマスの飾り付け!


今回、お手伝いしてくださったのは、造形大学 下中 菜穂先生と、ご友人と学生のみなさんが、展示会準備の忙しいさなか、この保養キャンプのために、クリスマスの飾り付けをたくさんのアイデアで作って下さり、それをのぶりん、あおいちゃん、スタッフの子どもたちが、更にアイデアを屈しし、素敵な飾りを作ってくれました。
20131221_153750.jpg 20131221_153729.jpg20131221_140605.jpg20131221_140619.jpg20131221_125543.jpg20131221_140524.jpg20131221_140817.jpg
20131221_140712.jpg
やっぱり、電車になったそり


この飾りは、開催期間中、どんどん補強されていく予定です。
参加者の皆さんも一緒に作り上げていってくれればとおもいます。

男子たちは密かに、クリスマスカードを作っていました。(写真忘れた~)

到着予定時刻を迎え、エントランス前にて、お出迎え
今回は、バス一台で福島~郡山~いわきを経由してきました。
長旅の疲れも感じないほど、元気に降りてきました。
20131221_151355_20131222001442380.jpg20131221_151529.jpg
えみるとりりーえみるさんも、前回までのキャンプで仲良くなったリリーちゃんたちが降りてきて、とっても嬉しかったようです。


エントランス前にて、相模原市緑区のゆるキャラ「ミウルくん」がお出迎え。
子どもたちがみんな引きつけられていました
20131221_152008.jpg

入村式があり、施設の利用説明がありました。
若あゆ農園の方から、野菜の贈呈がありました。
ダチョウ農園の方から、ダチョウのたまごのレプリカを頂きました。
20131221_154000.jpg20131221_154157.jpg


ありがとうございました。


雪だるま案内
館内は迷路のように入り組んでいて、スタッフもたどり着くのに、一苦労。
そこで、のぶりんが可愛らしい雪だるまの案内板を作ってくれました~

荷物を部屋に置き、大人はオリエンテーション、子どもはふれあいホールで、おもいっきり遊びました。
DSC04334 (1)DSC04338 (800x536)


明日からも、みんなで元気いっぱい楽しもうね~!
[ 2013/12/21 23:55 ] 2013冬 ほくほくキャンプ | TB(-) | CM(0)

いよいよ!

第6回母ちゃんず ほくほくキャンプが始まるよ~♪

今回は初めての場所、参加する方も初めての方も多く、どんな時間が過ごせるかワクワク((o(^-^)o))してます。

最初にバスに乗る福島市チームは、そろそろ集合場所に向かってる頃かな?
郡山、いわきチームは荷物の最終チェックかな?

スタッフも荷造りしたり、備品の最終チェックをしたりバタバタしてるはず!
万全の準備をしてお待ちしておりま~す♪

今回も、みんなで楽しい時間を過ごしたいね。

☆かのくみ☆
[ 2013/12/21 07:33 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

こどもたちの未来を守りたい

やっとの思いで帰ってきました。

家族で、国会議事堂前デモに行きました。
行く道すがら、できる限り簡単な言葉で子どもたちに、なぜデモに行くのかを説明しました。
多分、あまり伝わらなかったと思います。でも、一部の「日本の偉い」人達が話し合いもせずに大事なことを決めてしまったこと、そしてそれに怒っている人達がたくさん集まるんだということは伝わったと思います。

いてもたってもいられなくて国会前に立った私達は、たくさんの、いてもたってもいられなくて来たんだろうな、という人達を見ました。仕事帰りに一人で参加している風の人達にたくさん出会いました。きちんと意思をポスターにしたためて。
静かに歩く人も、叫ぶ人も、みんなそれぞれに怒っていました。

しょいこで背負った娘の重さ、迷子にならぬように握りしめた息子の小さな手を、私は必ず守ろうと思いました。そしてこどもたちは、この日の事をきっと忘れないでしょう。


私達のじいちゃんたちは、何のために戦争に行ったのでしょう。私達のばあちゃんたちは、何のために涙を流したのでしょう。

私達は歴史的にひどい時代のひとつの中に生きていると思います。
それでも、私は人を信じれる。声を上げている人にたくさん出会ったから。そして、母ちゃんずの支援者の方々を通して、たくさんの不可能が可能になったから。

前を向いて行きましょう。何が待ち受けていようが、ただ前を向いて行きましょう。


あき
[ 2013/12/07 01:54 ] 福島の現状・こどもをまもりたい | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。