スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休み燃え萌えキャンプボランティア募集&学習会のお知らせ

母ちゃんずの保養キャンプも、みなさまの協力のおかげで無事に4回を終えることが出来ました。
ありがとうございました。
春のキャンプは参加者募集初日に募集開始45分で、夏のキャンプは22分で定員に達してしまうという状況もあり、この活動は長く続けていかなくてはいけないと、スタッフ一同気を引き締め直しています。
スタッフだけでは続けていけない活動です。引き続きご協力をお願い致します。

母ちゃんずのHPに、春のキャンプの報告書を掲載致しましたので、お時間のある時に見て頂けると幸いです。

ボランティア募集を開始いたします。
詳細はこちらを御覧ください






☆母ちゃんず学習会のお知らせ☆


~福島当直医・牛山元美先生と神奈川新聞・石橋学記者からの報告~

震災から2年が過ぎた今。原発事故はもう終わったことだと思っていませんか?
もう一度、福島に目を向け、現状を知り自分達に何が出来るのか、一緒に考えてみませんか?
私達、『母ちゃんず』は子ども達を守りたい!子ども達の未来を明るいものにしたいと、発足以来1年半。
自分達の出来ることを見つけ、必死に突っ走って来ました。
原発事故により、福島の子ども達が、未だに安心して外で遊べない現実。
身体への影響は本当にないのか?終わらない不安の中で生活している親子がたくさんいます。

チェルノブイリで被曝をした人達には、甲状腺がんが増えているという報告があります。
福島の子ども達からも、がんが出ている事実。
ベラルーシで、福島で、何が起きているのか。現地に足を運んでいる内科医の牛山先生。
母ちゃんずが過去4回に渡り、続けてきた保養キャンプ。それを取材し書き続けている神奈川新聞の石橋記者。

保養を通してどんな変化があったのか?
そこに何が生まれ、育まれて来たのか?

・・・二人がお話ししてくださいます。
牛山元美さん さがみ生協病院内科部長で小学生と高校生の息子の母親。
        原発事故後、相模原市で放射能から子どもを守るために学習会や行政への働きかけを
        行っている市民グループ「こどもまもりたい」に参加。「市民と科学者の内部被曝問題
        研究会」、「子どもたちを放射能から守る医者の会」などにも参加し、福島や神奈川での
        健康相談会や学習会で活動中。月一回、郡山の桑野協立病院で当直中。


石橋学さん  神奈川新聞報道部デスク兼論説委員。1994年入社。
       阪神淡路大震災、オウム真理教事件、在日コリアン問題などを取材。
       東日本大震災では、岩手県釜石市や福島県内で現地取材。
       相模原市局長時代の2012年春に「母ちゃんず」の取材を始め、福島からの避難者や
       子どもの保養をテーマに原発の問題に取り組む。42歳。


2013年7月6日(土)午後2時~4時半


(終了は予定)

場所:相模原総合学習センター 2階セミナールーム
   開催先住所:相模原市中央区中央3-12-10
   相模原駅より徒歩  20分市役所、市民会館そば
   相模原駅南口よりバスあり
   駐車場あり(当施設20台、隣の市民会館駐車場利用可)

参加費:300円

先着順申込制 定員 60名


申込:母ちゃんず担当ホンゴウ
   090-3593-2304
   hsfpr260☆ybb.ne.jp(☆を@に変えてください)


参加者のお名前をお知らせください





主催母ちゃんず
http://karchanz.jimdo.com/

相模原市市民・行政協働運営型市民ファンド「ゆめの芽」助成金交付団体



※ボランティアオリエンテーションは行いません。
 ボランティアオリエンテーションでお配りしていた資料は、学習会に参加の方は学習会で配布します。
 質問・要望がある場合は個別に対応させて頂くか、学習会の時にお答えします。
 参加出来ない方は、キャンプ当日までに、送付させて頂きます。
スポンサーサイト
[ 2013/05/27 09:39 ] ボランティア関連 | TB(-) | CM(0)

夏キャンプ川下見

春休みのキャンプで、参加者から、「川遊びがした~い!させた~い!」という声を聞き、
検討して来ました。
始めは、人数多いし、大人数だし、安全面も確保するのが無理かな~と消極的でしたが、
「やっぱり、川遊びさせたい!したい!」
相模原近郊には、とっても素敵な河原がたくさんあります。
そんな環境で川遊びしていただけないのは、心苦し~と、エンクミは密かに思っていたのですが、
それはスタッフも一緒だったようで、川遊びが決定し、本日、スタッフ8名で、下見に行って来ました。


大地沢からは、車で40分弱。
快適ドライブ。

メインは川遊びですが、そこの河原から、自然豊かな冒険の森を抜け、5分ほど沢を登ると・・・

こ~んなにすてきな滝に出会えます。
写真ではわかりにくいですよね~一番下に動画添付したので、ご覧くださ~い!
IMGA0656 (500x281)

こんなふうに滝に打たれ、修行もできます
IMGA0662 (500x281)

滝まで行く途中には、岩滑りもできちゃいますよ!
IMGA0669 (500x281)

さかなやカエルがたくさんいます。
カエルと一緒に蛙泳ぎできちゃうよ!(実はエンクミ、ここでカエルと泳いだ経験あり
IMGA0673 (500x281)

緑豊かな素敵な場所です。
IMGA0678 (500x281)


素敵な滝ですよ~!
素敵な森ですよ~!
素敵な川ですよ~!
飛び込みもできちゃうよ~!


みんなの笑顔が目に浮かびます。
行く日は、7/30(雨天31日)を予定しています。
保育ボランティアさんもたくさん必要になります。
皆さん、一緒に楽しい思い出作りに来ませんかぁ~
お待ちしていますよ~!



えんくみ


[ 2013/05/23 19:14 ] 福島の現状・こどもをまもりたい | TB(-) | CM(2)

春休みキャンプ報告書

大変お待たせしました。
『春休みლ(╹◡╹ლ) 森盛ლ(╹◡╹ლ) キャンプ』の御礼と活動報告書が       
完成しました。こちらからご覧ください。

ボランティアの方で、終了時アンケートの『blogで報告書を閲覧希望
する』に○をつけてくださった方とご連絡先が分からない支援者の方
にはこちらで報告とさせていただきます事をご了承ください。
本当にありがとうございました。

間もなく夏休みキャンプのボランティア募集も始まります。またの
ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

[ 2013/05/20 16:14 ] あいさつ | TB(-) | CM(0)

夏休みキャンプ参加者・キャンセル待ち申込み開始します!

炎(๑✘ᴗ✘๑)炎ღ  夏休み燃え萌えキャンプ  ٩(๑・ᴗ・๑)۶の参加者
申込み受付を本日10時から受付いたしましたが、定員に達したため、
申込みを締め切らせていただきます。申込みありがとうございました!


ただいまから、キャンセル待ちの受付をいたします!

キャンセル待ち人数の制限は設けておりません。
前回の春休みキャンプでは、キャンセル待ちの方が全て来られることになりましたので、諦めずに、お電話いただけると嬉しいです。



①代表 竹内宛に
電話090-3214-2086(午前10時~午後8時)にて
お名前、参加人数、連絡先をお知らせください。

②電話で竹内と話した後に、
メール(kechan☆able.ocn.ne.jp  ☆を@に変えてね)にて
・参加者氏名
・年齢
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号(自宅とあれば携帯電話)
・メールアドレス(あれば)
・アレルギーの有無をお知らせください。
・体調のことでスタッフにお知らせしておきたいこと(些細なことでもOK)
・参加者しおりの受け取り方法(パソコンメール添付 か 郵送)

①、②の両方が確認できた時点での先着順で受付いたします。
よろしくお願いいたします。




☆お願い☆
体調不良以外の理由での、キャンプ直前のキャンセルは
なるべくお控えください。ひとりでも多くの方をお呼び
するためです。
他の保養プログラムに掛け持ちで申込みしているなどの
場合は、どちらに参加するかのご判断はぎりぎりまで
待ちますので、申込み時点でお知らせください。
[ 2013/05/14 10:55 ] 福島の現状・こどもをまもりたい | TB(-) | CM(0)

明日から申し込み開始!

いよいよ
炎(๑✘ᴗ✘๑)炎ღ  夏休み燃え萌えキャンプ  ٩(๑・ᴗ・๑)۶
の申し込みが明日5月14日の10時から始まります

代表あきが電話を握りしめて待ってますよ~

募集要項はこちらから。
よ~くお読みになってお申し込みください。

たくさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています!
[ 2013/05/13 20:23 ] 募集要項・状況 | TB(-) | CM(0)

日本の野菜事情 

野良仕事が大好きなヨッシ~です。 

ここんところ、土を掘っていると、おいしそ~な甲虫の幼虫やミミズが
出てきます。 それをカラスやスズメが食べに来ます。種は食うなよっ!
と思いながら、仲良くやってます。 
保養キャンプもそうですが、やってみて初めてわかることっていっぱい
あるけど、田畑に関してはわんさかあります。 

玉ねぎを作ってみて思ったこと。 
玉ねぎって、こんなに時間がかかって(10月末に苗を植えて、食べら
れるのは6月。8ヶ月もかかる~)、一つの苗が一つの玉ねぎになる
だけなんだ!と改めて実感。1粒の種から、たっくさん出来る野菜
(トマトとか、米麦とか)もあるのにね。 
1年間で1回しか取れない。土地スペースも必要。こんな、大量に
作りづらい野菜なのに、私たちって1年中玉ねぎを不足の心配なく買って
食べることができるって、どういうこと??北海道の食料自給率が500%
を越えてるってことは。。。(野菜の育ちが早い南国でもかなわない)
やっぱりデイリーユースの野菜ナンバー3の、玉ねぎ、人参、じゃがいも
は、北海道の農家さんらが支えてくれているんだろう。いつでも食べたい
ときにカレーやシチューが作れるのは、北海道の生産者のおかげ
なんだな~。 日本中の胃袋を満たすためには、機械を使って大規模に
やらないと、とてもできませんわね。。 

両手を鎌にして、せっせせっせ草刈は気持ちいいけど、限界がある。
自給には向いてても、農業には成り難い。さつまいも、かぼちゃ、さといも、
じゃがいも、りんご。。。1年中食べることが出来るのだから、貯蔵のシス
テムもしっかりしてないといけない。どうやって保存してるんだろう??
でも、子どもが風邪引いて、”すりすりりんご食べたい~”と言われた時に、
りんごを食べさせてあげられて、有難い。



こんな長々書いてますが。。春キャンプの時期は端境期。野菜があんまり
ないんです。 そんな時期に大きな支えとなってくれているのが、
イトーヨーカドー南大沢店さんと、繋いで下さっている、
八王子の農家の勝沢さん。地元の露地では手に入らない
根菜を中心に、たくさんの野菜のご提供を頂きました。全国ネットワーク
のある大型店さんのご協力あっての、大好評な母ちゃんず飯でした。 
直接のやり取りはないですが、
全国の生産者の皆さま、ありがとうございます!

勝沢さんは、”お腹すいた~”って言ったら、ちゃちゃっと何か作って
食べさせてくれそうな、お母さんです。多分、福島から参加者が70人も
来る!と聞いて、”ご飯をたべさせなきゃ!”ととっさに思ってくれて
いると思います。やっぱり”ご飯を食べさせる”のが、母ちゃんの一番の
お仕事ですから。 勝沢さんとその仲間たちは、食事ボランティアに
たくさん入ってくれてますが、手際が良い、おしゃべりが楽しい、
「適当で」と味付けも任せられる、とっても頼もしい戦力です。
主婦ってやっぱりすごい~

イトーヨーカドー南大沢店の店長さんは、3.11当時、仙台店勤務で、
被災されたそうです。2度と経験したくないことではあるが、2度と経験
できないであろう経験もしたとおっしゃってました。いざという時の本当の
人間の思いやり、団結、助け合いを体験された人の言葉でした。 
うまく伝えることができませんが。。。

またまた話はかわり、4月の代々木のアースデーに、私、別団体で出店
しまして、その時に福島県南相馬の農地の復興に、食べ物でない農作物と
いう観点から、麻、綿の栽培をしようとしている人たちの話を聞きました。 
地球の安全と子どもたちの未来、現実の復興を真剣に考えている男の大人
のトークに感動しました。オーガニックな衣って、体にも社会にも変革の
可能性があるなぁと、希望を感じました。

ヨッシ~
[ 2013/05/07 23:12 ] 福島の現状・こどもをまもりたい | TB(-) | CM(0)

 炎(๑✘ᴗ✘๑)炎ღ  夏休み燃え萌えキャンプ  ٩(๑・ᴗ・๑)۶  のお知らせ

GW真っ只中!でお忙しいところ申し訳ないですが、ひっそりと夏休みのキャンプの概要を発表させていただきます♪

期日は7月28日(日)から8月2日(金)の5泊6日、前回の春のキャンプや昨年の春、夏と同じ町田市立大地沢青少年センターで行います。楽しい企画満載でいきますよ!
前回までのキャンプの様子は、キャンプ中のあれこれからご覧ください。


申し込みは5月14日からスタートさせていただきます。
前回の春休みキャンプは申し込み開始から50分で定員に達しましたので、夏休み保養キャンプ募集要項をよーく読んで、お早目にご連絡くださいね。
皆さまからのお申込み、お待ちしております!

なお、ボランティアの募集は5月下旬以降になります。
もうしばらくお待ちくださいね。
[ 2013/05/01 13:41 ] 募集要項・状況 | TB(-) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。