スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボランティア申し込み先

ボランティア申し込み先電話番号が間違えていました。
正しくは
090-3593-2304
です。

大変申し訳ありませんでした。



※追記※
2月5日現在、ボランティアスタッフは多数のお申込みがありますため、
募集を一時休止させていただいております。皆さまのご厚意感謝しております。
スポンサーサイト
[ 2012/01/29 00:45 ] ボランティア関連 | TB(-) | CM(0)

朝日新聞の取材を受けました。

きょうは、青空のもと、つちのこくらぶのホームグランドである河原にて、
まったりとたき火を囲み、お茶を飲みながら、朝日新聞様より取材を受けました。



記者の方・・・とても明るい方で、緊張していた私たちも、終始和やかに話すことができました。DSC00624 (2) (685x1024)


DSC00623 (2) (1050x703)インタビューのメインはやはり、代表(左)と副代表(右)

真剣に話を聞いているメンバーたち。DSC00613 (2) (845x566)


雑談を交えながらの楽しい取材でしたが、私たちには、これからの活動に当たり、
有意義な内容をたくさん聞くことができました。

試行錯誤しながらの活動ですので、皆様からのご意見は大変参考になります。
今後も、皆様と一緒に、このプロジェクトを作り上げていきたいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします。


[ 2012/01/27 22:43 ] 取材記事他 | TB(-) | CM(0)

あまり語られていない福島の現状

運営スタッフの一人で、ご近所に母子で福島から自主避難されてきた方、Kさんがいらっしゃいます。
私たちは、スタッフ会議の中で、何度かKさんから今の福島の現状、想い。
また、避難されてきた方々の様々な想いを伺っていました。
報道では知らされていないことが多く、話を伺っていて心を痛める内容ばかりでした。
このたび、このKさんのお話が神奈川新聞の相模原県央版に10回にわたって連載されました。
皆さまにもぜひ読んでいただきたいと思い、Kさんの了解を得ましてこちらに掲載します。

これを読み、何かを感じていただけたら幸いです。




第1回 平成24年1月17日掲載


第2回 平成24年1月18日掲載 


第3回 平成24年1月19日掲載


第4回 平成24年1月20日掲載


第5回 平成24年1月21日掲載

後の5回は後日掲載します。
[ 2012/01/27 22:40 ] 福島の現状・こどもをまもりたい | TB(-) | CM(5)

つちのこくらぶって???

つちのこばす

つちのこくらぶとは・・・

ドイツの森の幼稚園のような幼児園
毎日が遠足のような幼児園

【つちのこくらぶ】
http://tsuchinokoclub.chu.jp

世界ウルルン滞在記で放映された
「ドイツの森のようちえん」のような、
自然の中で毎日が遠足のような幼児園です。

子供達は毎日肌で季節を感じながら遊んでいます。
毎月講師の方(柚山明子さん)をお呼びして、季節のわらべうたを楽しんだり、
には野草を摘んでお浸しやよもぎだんご作ったり、 沢ガニやオタマジャクシと戯れたり、
は河原で水遊び
には栗拾いや芋掘り、芋煮会
には味噌造り、雪遊び、春~秋にかけては田んぼや畑仕事もあります。
雨の日には先生のお宅を解放して頂き、造形あそびをしています。


【教師も親も子と共に育つ】事を基本とする【共同保育】をしています。

共同保育なので、親も積極的に保育に参加します。
また保育内容のことや経理以外の運営などについても月1~2回の会議を行い、
意見を交換して、様々なことを決めていきます。
今回の原発事故の話し合いも運営会議で全員で討論いたしました。
保育に取り入れたいこと(餅つきや音楽会など)も提案することも可能です。
卒園式など、全てが親の手作りの式です。

こんな活動のシステムなので、認可を取ることができず、
補助もありませんが、市内中心部の幼稚園よりも割安感はあります。

だけど、こんな幼児園だからこそ、みんなが団結しやすく、楽しく活動しています。



こどももおとなも大きく深い息ができて、
それぞれがありのままの自分でいられる。
そして、お互いに「ひと」として尊重され学びあえる。

社会の中でも、自然の中でも、孤立しがちな現代の
わたしたちが、この地球すべての
「いのち」とのつながりを回復したい。

光と風と水と土を肌で感じて、こどもたちと
この地球に生きる喜びをわかちあいたい。
こどもともっと深いところでつながりたい。

そんな思いを思いだけにとどめずに、
自分たちの手で創っていく場、
創っていける場が「つちのこくらぶ」です。


[ 2012/01/26 13:41 ] つちのこくらぶ | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。